狭小住宅が最後の切り札になる|住みたい街ナンバーワン

不動産
このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県の高品質な建設会社

大塚建設は埼玉県で注文住宅の設計・施工を引き受けている会社です。檜材を使ったハイクオリティーな木造住宅をメインとしており、耐震性や耐久性に優れた高品質な家作りを行っています。デザインや設計での対応は、丁寧で柔軟ですから悩みの点があれば、気軽に連絡してみましょう。

本当に知りたい!

北欧のよさが詰まった住宅

取手市で注目の北欧注文住宅は、北欧の寒い気候にも耐えられるよう、断熱性や気密性が高く、大きめの窓で日照を確保するなど、工夫されています。またデザインは、シンプルながらも飽きが来にくいものとなっています。和室をつくるなど和もとり入れることで、より日本人に合った快適で暮らしやすい空間にできるでしょう。

本当に知りたい!

茨城県南部の一戸建てとは

龍ヶ崎市で注文住宅を建てる場合には業者選びから始まり、ハウスメーカーや工務店、そして建築設計事務所に依頼するという方法の中から選ぶことが出来ます。施工は地盤調査から始まり、高気密・高断熱で耐久性のある耐震住宅が建てられるようになっています。

本当に知りたい!

立体的に考えれば満足

建ぺい率と容積率で考える

東京のような大都会、特に都心エリアでは、一戸建て住宅を建築するための十分な広さの土地を用意するのは、はっきり言って不可能ですよね。でも、それでも都心に、しかも一戸建てに、しかも注文住宅に住みたいとなれば、選択肢は狭小住宅しかありません。狭小住宅は文字通り小さな土地に建てる小さな住宅ですが、その土地の特性を十分に理解して探せば、満足できる広さを持った狭小住宅を建てることが出来ます。その重要な観点が「建ぺい率」と「容積率」です。建ぺい率とは、土地の広さに対して建物を建てることが出来る面積ですので、建ぺい率が大きければ大きいほど、その土地の面積を使い切れる事になります。一方、容積率は、その名の通り、その土地に建築できる建物の最大容積ですので、これが大きければ大きいほど、例えば3階建てや4階建てを建築することが出来ます。もう分かりますよね。土地は狭くとも、建ぺい率が大きく、容積率も大きい条件を備えた地域を探せばいいのです。東京都心にもそんな場所はたくさんあります。その土地の特性にまで注目して探せば、狭小住宅でも満足できる広さの家となるのです。

横に無理なら縦に積む

東京都心に土地がないのは仕方が無いことですから、狭小住宅が増えるのは当然です。建ぺい率と容積率に注目して探した土地でさえあれば、満足できる広さを持った狭小住宅が建てられます。ずばり、3階建てや4階建てを建てましょう。1階は駐車場と客間とお風呂、2階は思い切ってリビング・ダイニング・キッチンのみのワンフロアーぶち抜き、3階は主寝室と副寝室、おまけに屋上にはテラスでも作ってみてはどうでしょう。もう大満足な我が家になりそうな匂いがしていますよね。横方向に面積が足りなければ、縦に積んでしまえばいいんです。実際、都心では3階建ては普通ですし、それ以上の住宅もチラホラ見られます。でも、ここでも要注意事項があります。住宅建築の高さ規制が地域によって異なっているのです。これも土地の特性の一つですね。他にもいろんな特性が土地には備わっています。それらを十分に理解してから土地探しを行えば、十分満足できる狭小住宅を東京都心でもゲットできるのです。

オススメリンク

  • 東京de注文住宅

    狭小住宅は東京で購入することが出来ます。土地が狭くても住み心地は最高!施工事例に注目してみると良いですよ。