北欧のよさが詰まった住宅 | 狭小住宅が最後の切り札になる|住みたい街ナンバーワン

狭小住宅が最後の切り札になる|住みたい街ナンバーワン

北欧のよさが詰まった住宅

冬も快適、シンプルな外観

取手市では、個性的な注文住宅を建てる人が増えています。そんな中で北欧風の注文住宅は、北欧生まれの異国情緒漂う住宅で、取手市でも注目している人が少なくありません。北欧は冬場は、非常に寒い気候となっています。そのため、断熱性、気密性を高くして室内の気温が下がらないような設計となっているのが特徴です。また、少ない日照量を克服するため、窓が大きめになっているなどの、工夫もされています。そして、全体的なデザインはシンプルです。自然豊かな北欧の木材を利用し、素朴で自然のぬくもりが感じられると同時に、力強さも感じることができます。シンプルでありながらも飽きが来ないことが大きな特徴で、いろいろなライフスタイル、インテリアにマッチすることがメリットと言えるでしょう。

和をとり入れる工夫

魅力的な北欧風注文住宅ですが、取手市で建てるにあたっては、日本の気候やそれぞれの好みに応じてアレンジしたい、という人もいるのではないでしょうか。北欧の人向けにつくられた注文住宅ですから、日本風にアレンジすることでより住みやすいものにすることができるでしょう。例えば北欧のテイストを大事にしながらも、和室を設けるということも考えられます。こうすることで、たまには畳の上でくつろぎたい、というような日本人の欲求を満たし、来客の好みに応じては応接に利用することもできます。実際、和洋折衷の洋館は歴史的に全国につくられ、住む人、訪れる人にユニークな印象を与えてきました。設計の工夫次第で、北欧と日本の住宅の伝統、機能性などが両方生きる注文住宅を取手市に建てることは、十分可能なのです。